Sponsored Link

エアコンの除湿方式の違い(再熱除湿と弱冷房除湿)や消費電力(電気代)

Sponsored Link
エアコンでの除湿方法には、昔は弱冷房での除湿が使われていました。
でも最近のエアコンは、再熱除湿の方式があるエアコンも多くなっています。

弱冷房除湿は、ソフトクール除湿とも呼ばれています。

取扱説明書を見たりして再熱除湿か弱冷房除湿かは
どちらかとわかると思いますが、
消費電力で言えば弱冷房除湿が一番安く、名前通り
弱めの冷たい風を出しながら除湿する方法です。

再熱除湿は、こちらも名前通り、取り入れた空気を再度温めて
湿気を取り除いたうえで、室内に送り出す方式です。
再度暖めるので、再熱除湿は冷房よりは消費電力は多くなります。

消費電力つまり電気代の高い順番でいうと、
再熱除湿>冷房>弱冷房除湿
となります。

一方冷たさの順番で言うと、
冷房>弱冷房除湿>再熱除湿
となり、再熱除湿の方が一番弱いのですが
冷え過ぎを防ぎながら、湿気の低いカラッとした空気と
なるので、冷え性の男性女性、高齢者の身体にも
負担をかけないです。

真夏に部屋の空気があまり冷たくならない再熱除湿は
暑い時期に使うというより、梅雨でジトジトし蒸し暑いが
冷房や除湿では寒すぎるという場合に便利です。

私は湿気を文字通り「除湿」しれくれる再熱除湿を使って
部屋干しの洗濯物を早く乾かすのに使っていますが
消費電力が多いので、蒸し暑い日はとりあえず冷房で
早めに冷やして、再熱除湿は最小限に動かしています。

※記事内容は掲載時点での情報であり変更されている可能性もありますのでご了承下さい。事前に各施設などにお問い合わせください。

炭(木炭)で簡単湿気対策・湿気取りや除湿

Sponsored Link
木炭で湿気取りする家庭で出来る簡単な
湿気対策方法です。

ホームセンターなどに売っている木炭を
お部屋に置くだけですが、そのままだと
床が黒くなるのでかごなどを用意します。

冷蔵庫の脱臭剤の代わりに使われる木炭
ですが、湿気対策にも効果を発揮します。

木炭は表面に無数にある小さい孔(穴)に
吸着させて除湿だけでなく臭いも
取り除いてくれるので一石二鳥です。

湿気対策で除湿する木炭でも臭いを
吸着させすぎると脱臭効果は落ちるのです。

半月に一回でも木炭を洗って、晴れた日に
でも天日干ししましょう。

除湿剤を幾つも買うより経済的で家計も
助かるので、梅雨前などに木炭を湿度の高い
場所などに置いておくと良いですね。

湿気対策で結露も防ぐ木炭は半永久的に
繰り返し使える天然の湿気取り物質ですし
メンテナンスも湿気取り目的だけなら
必要ないようです。

木炭を置く場所で最適なのは湿度が
高くなりやすい場所が良いでしょう。

下駄箱、押入れ(クローゼット)、床下
たんすなどの家具、風呂場、トイレなどの
他に湿気の高そうなキッチンなども
木炭を置いて湿気対策しましょう。

余裕があれば木炭を置く量も加減します。

天然の木炭なので部屋にどれだけ置いても
問題ないので、湿気の多そうな部屋や場所なら
多めの木炭で湿気対策も可能です。
※記事内容は掲載時点での情報であり変更されている可能性もありますのでご了承下さい。事前に各施設などにお問い合わせください。
Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。