Sponsored Link

エアコンの除湿方式の違い(再熱除湿と弱冷房除湿)や消費電力(電気代)

Sponsored Link
エアコンでの除湿方法には、昔は弱冷房での除湿が使われていました。
でも最近のエアコンは、再熱除湿の方式があるエアコンも多くなっています。

弱冷房除湿は、ソフトクール除湿とも呼ばれています。

取扱説明書を見たりして再熱除湿か弱冷房除湿かは
どちらかとわかると思いますが、
消費電力で言えば弱冷房除湿が一番安く、名前通り
弱めの冷たい風を出しながら除湿する方法です。

再熱除湿は、こちらも名前通り、取り入れた空気を再度温めて
湿気を取り除いたうえで、室内に送り出す方式です。
再度暖めるので、再熱除湿は冷房よりは消費電力は多くなります。

消費電力つまり電気代の高い順番でいうと、
再熱除湿>冷房>弱冷房除湿
となります。

一方冷たさの順番で言うと、
冷房>弱冷房除湿>再熱除湿
となり、再熱除湿の方が一番弱いのですが
冷え過ぎを防ぎながら、湿気の低いカラッとした空気と
なるので、冷え性の男性女性、高齢者の身体にも
負担をかけないです。

真夏に部屋の空気があまり冷たくならない再熱除湿は
暑い時期に使うというより、梅雨でジトジトし蒸し暑いが
冷房や除湿では寒すぎるという場合に便利です。

私は湿気を文字通り「除湿」しれくれる再熱除湿を使って
部屋干しの洗濯物を早く乾かすのに使っていますが
消費電力が多いので、蒸し暑い日はとりあえず冷房で
早めに冷やして、再熱除湿は最小限に動かしています。

※記事内容は掲載時点での情報であり変更されている可能性もありますのでご了承下さい。事前に各施設などにお問い合わせください。

エアコン・クーラーのカビ対策(送風運転・エバポレーターのこと・洗浄スプレーなど)

Sponsored Link
梅雨時期や夏場のエアコン・クーラーのカビ対策
について解説します。

エアコン・クーラーの室内機の送風口付近に
発生するカビ対策は梅雨時期前にカビ退治を
行いたいものです。

黒カビなどがエアコン・クーラーに付くことが
多いカビなので見た目で分かる場合も。

エアコン・クーラーのお手入れ次第では
冷房の効き具合にも影響してくるので
カビ対策と合わせて掃除しましょう。

エアコンを季節の初運転した時にイヤな臭いが
するのはカビの発生が疑われます。

エアコン・クーラー内部や送風ファンに
付いたカビが臭いの元でもあります。

臭いだけでなくカビが部屋中に飛散して
シックハウス症候群、アレルギーや鼻炎などの
原因にもなって健康的にも良くないです。

エアコンから出るカビを抑えるためには
使用前30分の送風運転で、カビを防ぐことが
できるようです。

カビは結露による水気やファンに付いたほこり
が大好きなので、送風により水分を乾燥させる
こともカビ対策に有効です。

エアコンのエバポレーター(熱交換器)の部分が
冷房後は部分に結露が発生しやすく臭いの元でも
あるのです。

エバポレーターはカビ発生しやすいことを
覚えておきましょう。

使用後もエアコン・クーラーで暖房に
切り替え、暖めることでもカビ対策になります。

エアコンのフィルターにたまったほこりや
チリの掃除も付きに数回は行うことで
カビ予防だけでなくエアコンの効きも
良くなり電気代も節約できます。

最近のエアコンは自動でフィルター掃除や
乾燥機能でカビ対策するクーラーもあります。

送風口・送風ファンなどはエアコン洗浄スプレー
などで綺麗にしましょう。

プロのエアコン洗浄業者もありますが
エアコンの高さがあって自分で掃除が出来ない
場合などに助かるサービスです。
※記事内容は掲載時点での情報であり変更されている可能性もありますのでご了承下さい。事前に各施設などにお問い合わせください。

カビの発生条件・健康面への影響と黒カビ対策

Sponsored Link
湿気による嫌なカビは、糸状菌というかびの種類が
住宅に関係あるカビだと言われています。

カビの害や健康面ですが、カビはアレルゲンであり
の空気中に漂う胞子を人間が吸い込むことで、
少なからず健康に影響はあります。

シックハウス症候群もカビの胞子が原因とされ
アレルギー症状に関係のある鼻炎、アトピーや
ぜんそく、鼻アレルギーなどもカビが原因の
場合も指摘されています。

カビが増えるとダニも増えダニの死骸も増えるなど
ハウスダストの原因になりかねませんし
赤ちゃんや子供の健康にとっても心配です。

黒カビが繁殖し生えやすいお風呂場(浴室)
では特にタイルの目地などに発生します。

黒カビが繁殖しないようにするには
入浴後はお風呂場のタイルなどを熱いシャワーで
黒カビの栄養源になる石鹸カスと皮脂を
洗い流すことです。

黒カビができてしまったら、塩素系カビ取り剤
又は重曹などでカビを取りましょう。

浴室以外でも湿気や結露などが原因で黒カビが
繁殖しますが、カーペットの裏、トイレタンクの中
壁紙の裏、畳、キッチンなどあらゆる場所に発生します。

住まいのカビは湿度75%以上で繁殖しやすいので
できれば梅雨時期でも湿度65%以下に維持する
為に、除湿機やエアコンを活用しましょう。

カビは温度が20℃以上を好み、栄養は部屋では
ホコリなどですのでこまめな掃除は必須です。
※記事内容は掲載時点での情報であり変更されている可能性もありますのでご了承下さい。事前に各施設などにお問い合わせください。
Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。